生保の基礎知識・福岡の保険事情 保険の基礎知識と福岡の地震対策事情をご紹介します。

保険安心ガイド(福岡・久留米・筑後)株式会社ライフ・ワーク > 生保の基礎知識・福岡の保険事情

生保と損保

保険は大きく生保と損保の2種類に分けられ、それぞれ保障・補償する内容が異なります。その名前の通り、生保は生命を、損保はみなさまの体や物の損害に対する保険です。ライフ・ワークでは生保と損保の両方を扱っており、バランスの良いご提案を行っています。

こちらでは、そんな生保の基礎知識と福岡における保険事情をご紹介。ご参考までにご一読いただければと思います。

知っておきたい生保の基礎知識

知っているようで意外と知らない保険のこと。あなたに合った保険をご案内する前に、まずは基礎知識をおさらいしておきましょう。基礎を固めておくことで、より適切な保険選びにつながります。

代表的な3つの生保

保険には主に3つの種類があります。それぞれの保険料、戻ってくる金額、保障の金額、保障の期間が違います。
ご自分のライフスタイルに合わせた選択が必要です。

定期保険

保障期間を定めた保険のことで、解約時の返戻金はないか、あってもごくわずかです。テレビCMなどでよく見かける「掛け捨ての保険」というのは、定期保険を指します。

1.一定期間を保障する 2.掛け捨てで貯蓄性がない 3.同じ保障でも月々の保険料が養老保険・終身保険と比べて割安

・こんな活用法がおすすめ!
定期保険は定められた期間のみを保障するもの。ですから、「子どもが成人するまで」「退職するまで」など、明確に分かっている期間のリスクに備えたい場合に適しています。

養老保険

保険期間内に死亡した場合も契約満期まで至った場合も、同額の保険金が支払われる保険です。養老保険をベースに定期保険をくわえ死亡保障を手厚くした、定期付養老保険というのもございます。

1.一定期間を保障する 2.貯蓄性が高い 3.同じ保障でも月々の保険料が割高

・こんな活用法がおすすめ!
保障期間が定まっていて貯蓄性も高い養老保険は、保障よりも貯蓄を目的に活用されることが多い保険です。ただし、貯蓄を検討する場合は加入時の予定利率(※)に注意しましょう。
※予定利率:保険金を支払うための財源の運用で予定している利回り。予定利率が高いほど保険料が安くなります。

終身保険

保障期間に終わりのない保険が終身保険です。万一のときの保障が生涯にわたって続きます。貯蓄性も備わっており、解約返戻金を活用して年金支払にされる方も多くいらっしゃいます。(※解約後は保障がなくなります)

1.生涯にわたって保障される 2.貯蓄性がある 3.保険料は定期保険よりやや高め

・こんな活用法がおすすめ!
生涯にわたって保障が続くほか、貯蓄性もある終身保険。葬儀費用や相続対策、また、解約返戻金を活用して、子供の養育費、退職後の年金として活用するのがおススメです。

PICK UP! 災害保険では地震による損害をカバーできません
「火災保険に入っているから地震が起きても大丈夫」というのは誤解です。地震による損害は地震保険でないと補償されません。地震により発生した火事でも、火災保険では補償されませんので、ご注意ください。
(地震火災費用保険金をお支払いする場合があります。)

0120-33-2086メールは24時間受付中

Page Top