お子さまの誕生・進学・独立を迎える方へ お子さまの誕生・進学・独立を迎える方へアドバイス。

保険安心ガイド(福岡・久留米・筑後)株式会社ライフ・ワーク > お子さまの誕生・進学・独立を迎える方へ

誕生・進学・独立それぞれのタイミングで必要な保険

お子さまの健やかな人生を考えるうえで保険を避けて通ることはできません。お子さまの誕生・進学・独立という節目には、保険加入や見直しをご検討ください。

万一の備えは大切です

公的な乳幼児医療保障が充実しているいま、子供の保険は小学校からに上がってから、という考えが一般的です。
ですが、脳系・心臓系の先天的な病気の場合、それらの病気が判明してからでは、保険に加入することができなくなる可能性があります。
生まれてくるお子さまへの“万一の備え”を念頭に置いておくようにしましょう。

学費は学資に備える保険で準備する!

学資に備える保険は小学校入学時までに加入しておくと、私立中学校・私立高校や専門学校・大学などへの進学時の助けとなります。あらかじめお子さまの進路を考え、かかる学費を算出しておきましょう。

ケガに備えて医療保障を

小学生くらいになれば病気のリスクは低くなりますが、一方でケガのリスクが高まってきます。傷害保険や医療保険の手配を検討しましょう。

賠償責任保険の検討も必要

日本国内外を問わず、日常生活中の偶然な事故により、他人を死傷させたり、他人の物を壊した為、法律上の損害賠償責任を負った場合や、進学などを機に一人暮らしをする場合に、日本国内で借用戸室を火災・破裂・爆発事故により損壊し、貸主に対して法律上の損害賠償責任を負った場合のために、ご検討ください。

20歳で保険を見直そう!保険の見直しを行いましょう

学資に備える保険の満期は17歳・18歳・20歳・22歳であることがほとんど。これらのタイミングで学費は不要になると考えられますが、医療保障は引き続き必要です。学資保険で医療保障をカバーしていたのなら、医療保険への加入を考えましょう。

お子さまが独立される際には契約名義の変更を

お子さまが独立される際には契約名義を変更しましょう。また、自動車保険においては、自家用車とともに割引も引き継ぐことができます。等級が高い方がお子さまに自動車を譲られる場合は、同居しているうちの名義変更がおすすめ。現在の等級と割引を引き継ぐことができます。

0120-33-2086メールは24時間受付中

Page Top