退職された方へ 退職された方へアドバイス。

保険安心ガイド(福岡・久留米・筑後)株式会社ライフ・ワーク > 結婚された方へ

安心してセカンドライフを迎えるために

長年にわたるお勤めが終わり、セカンドライフを迎えられる方へ向けて、ライフ・ワークからアドバイス。安心してセカンドライフを迎えるために、もう一度保険について考えてみませんか。

生命保険の多くは60歳が満期です 退職と同時に保険の見直しを

生命保険は保障が生涯続く終身型でない限り、多くの商品で60代が満期となっています。
団体で割安な保険に入っている場合、会社を退職すると保障を継続できないケースがほとんどです。保障を継続できるかどうかを確認しましょう。

さらにこの年代で気を付けたいのが医療保険です。
病気などのリスクが高まる年代でもありますから、
入院保障などが手厚い医療保険への切り替えを検討しましょう。
また、医療保険は、保障が一生涯確保できることが理想です。

死亡保障は家族の為に必要なものですが、お子さまが独立している場合、
退職後は葬儀や配偶者の生活費用を考えても、高額の保障である必要はないでしょう。

まとまったお金をそのままにするのはもったいない!退職金の有効活用術

退職金を遊ばせておくのはもったいない!資金を一時金(一括投入すること)で投入し、満期が来たら受け取るという保険で、有効活用することができます。
まとまったお金が必要な際は減額することによって取り出すこともできます。

シニア世代が考えたい「葬儀費用」「配偶者の生活費用」「相続対策」の3つ

多くの場合でお子さまが独立されているシニア世代の方は、「葬儀費用」「相続対策」「配偶者の生活費用」の3つをお考えください。死亡保障は葬儀費用や配偶者の生活費用をまかなえる程度で十分です。また、相続財産に不動産が多い場合は相続対策としての保険が有効ですので、ご検討をおすすめします。

0120-33-2086メールは24時間受付中

Page Top